徹底究明!アスコルビン酸の実力がわかるサイト
見逃せない効果!アスコルビン酸が美白と育毛を促す理由
特集1 美しいお肌をつくるアスコルビン酸化粧品ランキング!詳細はこちら
特集2 隠れた実力!アスコルビン酸が育毛に効く理由 詳細はこちら
アスコルビン酸の効果究明サイトHOME » いろいろ知りたい!アスコルビン酸のヒミツ » 効率よく肌の奥まで届ける方法

効率よく肌の奥まで届ける方法

アスコルビン酸を効果的に肌に届けるビタミンC誘導体について、解説しています。

アスコルビン酸の効果を届けるビタミンC誘導体とは

アスコルビン酸(ビタミンC)は、身体の錆を食い止めてくれるため、健康や美容に効果的な成分です。

しかしアスコルビン酸を直接塗布する場合、皮膚にはもともとバリア機能があるため、浸透を妨げられてしまいます。そのうえ、水や空気、熱や光など、さまざまな要因により酸化しやすく、皮膚の奥まで届く前に壊れてしまうといった、多くの弱点を抱えている成分でもあります。

この壊れやすいアスコルビン酸を、肌に浸透しやすい形に改良したものが「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体の特徴

ビタミンC誘導体は、特に化粧品などで目にする機会が多いものです。

通常のアスコルビン酸とは異なり、角質層への浸透力があり、肌に吸収されたあとは酵素反応でアスコルビン酸に変化します。

ビタミンC誘導体は、効果の欲しい部位に直接塗布して効果が期待できるため、おもに化粧品に使われているのです。

肌に浸透すると、メラニン色素の生成を抑制したり、色素沈着を防いだりすることができます。そのためシミやそばかすを薄くする美白にも効果大

さらに肌のコラーゲンを増やす働きがあるためハリ感がアップし、抗炎症作用と皮脂分泌抑制作用によりニキビを軽減することも可能と、優れた美肌効果を発揮します。

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体には、おもにふたつの種類があります。

水溶性ビタミンC誘導体

短期間で吸収されて即効性のあるビタミンC誘導体です。主として化粧水や美容液に配合されています。皮脂分泌をコントロールするので、脂性肌用の化粧品にも使われています。

脂溶性ビタミンC誘導体

水溶性に脂(油)分を結合させているため、ゲルやクリームに配合できます。肌への刺激が少ないため、乾燥肌や敏感肌の方でも使いやすく、肌表面に長く留まる性質ですが、浸透性は水溶性に比べると遅いのが特徴です。

現在、さまざまな化粧品に配合されているビタミンC誘導体ですが、使われている種類に違いがあるので、選ぶときには気をつけてチェックしましょう。

なお、近年登場した「ビタブリッドC」という商品は、ビタミンCそのものを守りながら12時間じっくりと浸透させるといった、他にはない特徴を持っています。これはビタミンC誘導体として発売されている商品の中では、おそらく唯一のものです。

「ビタミンC誘導体ならどれも同じ」ではないことを、ぜひ覚えておいてください。

とてもデリケートで、お肌に有効なビタミンCを効果的に取り入れるため、さまざまなメーカーによって次々と新たな手法が開発されているのです。

 
▲ページトップへ