徹底究明!アスコルビン酸の実力がわかるサイト
見逃せない効果!アスコルビン酸が美白と育毛を促す理由
特集1 美しいお肌をつくるアスコルビン酸化粧品ランキング!詳細はこちら
特集2 隠れた実力!アスコルビン酸が育毛に効く理由 詳細はこちら
アスコルビン酸の効果究明サイトHOME » いろいろ知りたい!アスコルビン酸のヒミツ » 気になる副作用について

気になる副作用について

アスコルビン酸に副作用はあるの?その症状と摂取量の目安を解説します。

アスコルビン酸の摂取量目安と副作用

アスコルビン酸(ビタミンC)は水溶性のため、過剰に摂取したとしても、余剰分は尿として身体から排出されるので、基本的には安心な栄養素です。

1日の摂取量の目安として、厚生労働省では「100mg」を勧めていますが、これはあくまでも最低必要量。

たとえば、健康を維持する目的なら800mg美容効果を期待するなら2000mg以上を摂るのがよいと、一般的には言われています。

特に美容効果を求めてアスコルビン酸を摂る場合は、3000mg~5000mgでもよいと言われていますし、最近は手軽にサプリやジュースで大量に摂取することができるので、一見すると摂取上限はないように思えます。

たいていの場合、必要分以外は排出されるので、特に問題はありません。

ただし、あきらかに摂りすぎている方は、少し注意をしましょう。

手軽に摂ることができるからと、健康や美容のために毎日アスコルビン酸を摂り続けると、身体の処理能力を超えてしまうことがあるかもしれません。

では、処理能力を超える摂取量とはどのくらいで、何が起こるのでしょうか。

過剰摂取による副作用は、おもに「下痢」

アスコルビン酸の過剰摂取では、次のような副作用が起きる場合があります。

  • 空腹時に2000mg以上の摂取で、吐き気をもよおす
  • 1000mg以上の摂取で下痢をおこす

おもな副作用としては下痢が挙げられます。

アスコルビン酸は腸の運動を活発にするため、摂りすぎるとお腹がゆるくなってしまうことがあるようです。これは特に空腹時に起きやすいと言われていますので、気をつけましょう。

また、極度の高用量投与について、腎臓結石や酸化ストレスの増加など、身体への問題が起きる可能性もあるとも言われていますが、今のところ科学的証拠がないのが現状です。

「多く摂りすぎると、吐き気や嘔吐、下痢が起きる可能性がある」ということを覚えておき、もし身体に何らかの異変があったら、その時点でアスコルビン酸の摂取量をおさえたほうがよいでしょう。

いくら美容や健康に良いといっても、過度な摂取は身体のためにはならないので、常識の範囲内での服用を心がけるようにしてください。

 
▲ページトップへ