徹底究明!アスコルビン酸の実力がわかるサイト
見逃せない効果!アスコルビン酸が美白と育毛を促す理由
特集1 美しいお肌をつくるアスコルビン酸化粧品ランキング!詳細はこちら
特集2 隠れた実力!アスコルビン酸が育毛に効く理由 詳細はこちら
アスコルビン酸の効果究明サイトHOME » 特集2:アスコルビン酸は育毛をうながす! » 薄毛に悩む女性を救う成分!?

薄毛に悩む女性を救う成分!?

ここでは女性用が使える育毛剤について、解説しています。

女性用育毛剤の選び方、ビタミンCの育毛効果は

薄毛治療で使う育毛剤は、今まで男性のためのものだというイメージがありましたが、最近では薄毛・抜け毛に悩む女性のために、女性用育毛剤が多く発売されています。

ドラッグストアでもインターネットでも数多くの育毛剤が発売されていますが、その中から女性が選ぶべきもの、または注意しなくてはいけない点を紹介します。

女性が気をつけるべき、育毛剤の選び方

医薬品、医薬部外品、化粧品の違いを知っておく

育毛剤には医薬品/医薬部外品/化粧品という区分があります。これは薬事法で決められているもので、それぞれの育毛剤に特徴があります。

医薬品

厚生労働大臣が効果があると認可したもので、文字どおりの“薬”になります。効果・効能を記載することができ、治療や予防を目的として使えますが、副作用の恐れもあります。

医薬部外品

医薬品ではないけど、それに準ずるものを指します。治療薬ではないため、効果・効能は医薬品に比べると穏やかです。こちらも商品に効果・効能を記載することができますが、医薬品と比べると効き目が穏やかなため半年~1年継続する必要があります。

化粧品

医薬品/医薬部外品以外で、穏やかに育毛効果をあたえてくれるものをさします。保湿以外の効果・効能は記載できないとうルールがありますから、成分で判断をします。

男性用育毛剤を使わない

従来の男性用育毛剤はホルモンに働きかけるもので、肌にあたえる影響が強い製品も多いのが特徴です。そのため、女性が使うにはリスクがあり、妊娠中や授乳中には使わないようにと注意されているものも多いようです。

特に気をつけたいのは“プロペシア“で、妊娠中はもとより、これから子どもを作りたいと思っている方は、避けておいたほうがよいでしょう。 

女性には女性用の育毛剤がベスト。

女性用のものは頭皮だけでなく、髪の保湿などにもこだわっている製品が多いため、髪の美容のためにも気軽に使うことができます。

女性には安心して使えるアスコルビン酸がおすすめ

結婚や妊娠、育児が関わってくる20代~40代の女性には、使用に関してリスクのない、アスコルビン酸を使った育毛剤がおすすめです。

最近では、12時間という長時間にわたって肌の奥深くまでアスコルビン酸、つまりビタミンCを浸透させ、お肌の調子を整えてくれる製品も出てきています。

天然の成分なので男性女性関係なく使えますし、副作用の心配もありません。出産後に抜け毛が増えて心配という方でも、安心して使えるのがよいですね。

心身ともに疲れて、ストレスを抱えている女性はとても多く、抜け毛・薄毛に悩む方も増えています。

抜け毛が増えた、ボリュームがなくなった、頭皮がべたついてきたと感じたら、育毛剤を使って早め早めのケアを行ないましょう。

 
▲ページトップへ