徹底究明!アスコルビン酸の実力がわかるサイト
見逃せない効果!アスコルビン酸が美白と育毛を促す理由
特集1 美しいお肌をつくるアスコルビン酸化粧品ランキング!詳細はこちら
特集2 隠れた実力!アスコルビン酸が育毛に効く理由 詳細はこちら
アスコルビン酸の効果究明サイトHOME » 特集2:アスコルビン酸は育毛をうながす! » 育毛のメカニズム

育毛のメカニズム

ここではまず、髪の毛の育つメカニズムについて解説します。

効果の高い育毛方法を知るために

「髪の毛が薄くなってきた」と悩んだときは、まず正しい育毛&発毛の知識を身につけることが大切です。

やみくもに対策を行なっても効果は上がらず、場合によっては悪化してしまうこともありますから、まずは毛髪の構造から育毛のメカニズムを知っておきましょう。

育毛のメカニズム

わたしたちが目にする髪の毛は「毛幹部」にあたり、頭皮の中にある「毛根部」と区別されています。

「毛根部」は中央に「毛髄質」、その周りを「毛皮質」、その表面を「キューティクル」がおおっている状態であり、育毛に重要なのがこの毛根部の構造にあたります。

髪の毛は、この毛根部にある毛母細胞から作られます。栄養が毛母細胞に運ばれたあと、細胞分裂を繰り返して毛髪となっていくのです。その後、毛髪が上へと押し上げられて成長をしていきます。

最初は軟らかかった毛髪も、成長する過程でだんだんと太くてハリのある髪になっていきます。成長が鈍くなる退行期に入ったあとは、成長が止まる休止期に入り、髪は抜け落ちていきます。

ヘアサイクルは男性で3~5年女性で4~6年と言われているので、一般的に4年としましょう。そうすると、毎日約70本は自然に抜ける計算となりますから、抜け毛が多いかな?と思っても、毎日50~100本くらいは特に問題がないことになります。

健康な状態なら、毛が抜けると同時に新しい発毛が始まります。ですが、ストレスなどの原因があると移行が上手にできなくなり、髪が薄くなってしまうのです。

ヘアサイクルを乱す原因とは

本来なら、毛母細胞が細胞分裂を繰り返して毛髪が定期的につくられますが、何かしらの原因によってバランスが崩れると、ヘアサイクルや周期が乱れ、薄毛になってしまいます。

ヘアサイクルを乱す原因
  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 薬の副作用
  • 遺伝
  • 過度のパーマや染毛

これらは単独で原因となっているわけでなく、さまざまな原因が少しずつ積み重なった結果、脱毛が始まっていると考えられます。

「髪が細くなってきた」「コシがなくなってきた」「パサついてツヤがない」と感じたら、元気な髪が育つような頭皮環境を早く整えることが大切です。

 
▲ページトップへ